2010年12月

2010年12月21日 23:48

イメージ 1
 
西浜海岸方面は少々うねりを伴った波が寄せていたので今日は6色以上の遠投のみで石積みの様子を見る事にしました。チョイ投げは未確認ですが、6色以上遠投すればキスに出会えるようです。しかし一番アタリが出たのは6.5色~7色で、投入後糸ふけを取って6.5色辺りからサビキ出したのではほとんど食ってこないという結構シビアな状況でした。18センチを頭に9匹でした。ポイントにはキスがいるのですが連掛けを狙うとトラブルが多くなってしまうため思ったほど釣果が伸びませんでした。
 
イメージ 2


2010年12月12日 23:30

イメージ 1

ずっと取り込みがしにくかった石積みの波は 北の風に押さえられようやく穏やかな凪状態になりました。しかし流速があるようでサビキ感はあまり良くなくピンギスの反応も厳しいものでした。
朝からの人でもやっとツヌケ。私は運よく遠投で19センチが一本とピン少々…。しかし西湘は良かったようで大磯へ釣行したメンバーOku氏の釣果は ヒネ込みで40匹ほど釣って来ました。

イメージ 1

朝、用事があったので大磯まで行きました。【Oku】
・・・・・・・・・・・
柳島は全然駄目でしたよ。ピンギスを拾うのもやっとでした。【ピンギス】

2010年12月10日 23:58

イメージ 1

遠投して少しサビクとアタリがでます。ところが針掛かりしません…。
3~4色と6色以上で反応がありました。仕掛けタイプを数種類替えながら食い方の様子をみました。ベストサイズは6色で喰った19センチでした。ビーチ近めはメゴチが多く20センチオーバーも釣れました。

2010年12月08日 23:56

 
イメージ 1
 
柳島の石積みには、2つの黄色いミニ灯台があり、西側の灯台は先日の大波が原因だったのでしょうか…写真のようにボロボロになっていました。
海岸の地形も砂が堆積して東側の石積みは特に波が立ちやすくなってしまい、大波が来るので大変釣りにくい状態です。移動した西側の石積みでも大潮のためなのか、かなりの波が立っていましたが 次第に潮も落ち着き安定したため取り込みもしやすくなりました。
今日は遠投すると底荒れが大変ひどくゴミもからみ仕掛けのトラブル連発でかなりのロスタイムがありましたが、投げ練を兼ね、6色前後でアタリを拾っていると今日のベストサイズ18センチが釣れました。
ポイントにもよりますが1~1.5色、4~5色でもピンギスは釣れていますので、潮が安定していればチョイ投げでも十分狙え、ヒネが混じる可能性もあります。近場はフグも多くなりますので針・仕掛けの予備は多めに必要です。短い竿ではナモトが悪いと取り込みは危険ですのでご注意下さい。
 
イメージ 2


2010年12月07日 23:58

イメージ 1

茅ヶ崎港サザンビーチ沖狙い
ピンギスは4色半~5色と 6色でアタリが出ましたが、潮は速めで安定せず一時は、2~3色で好調に釣っている人がいました。
強風で数ものびず諦めムードの中、2度目の派手なアタリ!かなりの大物かホウボウだろうと思ったのですが、残念ながらちょっと期待はずれの19センチちょうどヒネギスでした。
潮の方向や速さによって アタリがかなり大きく出るときがあり、ピンギスにも『デカイ!』と、騙されてしまうことがあります。

2010年12月06日 18:25

イメージ 1
 
昼近くから石積みへ行きましたが、うねり気もかなりあり、潮が動き出すと浅くなってしまった石積みには高波が立ってしまい取り込みが大変むずかしくなります。
根掛かりしないようにオモリを速巻きで回収しようとしても波が寄せるタイミングが早すぎて、ずぶ濡れ覚悟で巻き取るか、針が岩にかかってしまい、キスが外れてしまうのを一か八かで釣るしかない状況でした。しかし相手はピン…。場所を変えた方が賢明のようでしたので、茅ヶ崎港へ移動しました。
 
今日は、チョイ投げ竿を用意し、港の中に大雨で流されたであろう」ハゼが入っていないか様子を見ましたが、アタリがあってもすぐにロープの下に潜ってしまうのか、根掛かりの連発で駄目でした。アタリもハゼなのか何なのか確認できませんでした。
本身のキス狙いは、14~15センチが主で、最後近くになりやっとの事で、20.5センチが1匹。粘った末あがりました。
5~6色と、7色~でアタリが出やすかっと思います。ヒネは6色で食ってきました
 
イメージ 2


2010年12月05日 22:35

イメージ 1
 
石積みの東から6~7色を探ってみました。
大しけでどろどろだった濁りも殆ど気にならず、はやい回復でしたが、うねり気が結構ありました。
14~5センチのピンギスが、5~6.5色で反応していました。ポイントによってはゴミのたまった場所があったり、仕掛けが絡んでしまうような潮流が乱れた場所もあるようでした。
東よりの潮目6~6.5色にはヒイラギの群れがたまっているところがありましたが、流れに乗って集まってきたものと思われます。中央よりでは5色半~6色でイシモチのアタリが頻繁にありましたが、針掛かりしにくく、食い上げ状態で仕掛けが頻繁に絡みました。西の石積みのでは、第一ワンド辺りを境にフグが多く、先に釣っていた石積みの常連S氏によると、『2~4色を探るとると、針がみんな無くなってしまう』との事でしたがS氏は、フグ軍団にもめげず20センチオーバーの良型を釣りあげていました。


2010年12月02日 23:22

イメージ 1
 
『馬入のハゼ』は、今日こそ良いかなと思いましたが、釣り場は人がいっぱいでしたので、久しぶりに石積みへ釣行しました。
13時過ぎから1時間半程投げ、平均して6色半~7色でピンギスが結構活発に反応していました。今日一番良いアタリだったキスは、波口でヒラメらしき不明魚とのやりとりの末に波にもまればれました。
石積みは崩れながら沖にずり落ちた感じになり波も立ちやすかったので、キスの回収が大変しにくく、岩にあたってばらしてしまった物もありました。
 
イメージ 2
 
 
釣果は14センチ止まりのピンギスのみ8匹でした。」


ギャラリー
  • フグとピンギス[01/15]
  • フグとピンギス[01/15]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
アーカイブ
  • ライブドアブログ