2015年09月

2015年09月29日 21:36

イメージ 1
朝海を見に行くと
台風21号の発生以来、ウネリはしつこく残っていて数日前よりパワフルになってしまった感じでした。
一見すると沖合は静かなのですが、時々ど派手な波が打ち寄せるので釣りをするのは
とても無理です。

イメージ 2

イメージ 3
そんな訳で、小ぶりながら釣れだしたという 
『馬入(相模川)のはぜ』 を釣りに行ってきました。

イメージ 4
昼近くだったためか、釣り人の姿はほとんどありませんでした。
ポイントは数カ所あるようですが、昨日下見をして
良さそうだったポイントを探ってみました。

置き竿で待ち釣りをするよりしゃくりながら誘いをかけた方が良さそうなので、
今日は障害物の近くで小回りのきく短竿一本で勝負。

イメージ 5
こんな感じで、全体的にはまだ小ぶりなハゼが多いのですが、
時々20センチクラスもあがっているようです。

写真が上手く撮れませんでした…









2015年09月26日 21:11

イメージ 1
仕事帰り湘南大橋の上から海を見ると、柳島排水口沖でシラス船がいつもよりも近くで操業していたので、普段なら釣行しない様なナモトの悪い石積みへ釣行してみました。
すでに常連のMZさんが釣っていて、反応は大変良好とのこと。私が着く少し前からスタートし3連チャンの後ナモトが悪くタイミングが合わずバラしてしまったそうです。

一投目から5.5色辺りで反応がありました。底の状態、潮の色は前回の釣行時よりも良好で大潮回りになって、潮が入れ替わったようでした。明日以降凪になってくれれば多少なり『爆』の期待感も出てきた様に思います。 ニゴリ気は全くなくなり、やっと沼地の様な葉緑素臭い釣り場から解放されそうです。。

イメージ 2
うねりのある上げ潮時であったため台風時の様な大きな波が立ち始め、食いが良くても取り込みができず、続行不可能で1時間するかしないうちに終了しました。

イメージ 3
~20センチ


2015年09月24日 16:28

イメージ 1
台風が又発生し明日から雨の予報だったので、予定時間を延長してがばってみました。

潮の流れが頻繁に変化しているようで、キスは回遊しているというよりも潮の流れに任せ移動している感じがしました。
ポツリポツリ喰っていても潮に変化が出てアタリが無くなったときに西に行くか、東に行くか…
中々判断が付かない潮流変化で、東へ移動してダメなら西へ戻るという普段以上に場所移動することも多く、
かなりハードな釣りになってしまいました。

5色くらいでミニモチが喰い出し川ゴミが付きはじめたり、底荒れで仕掛が絡んでしまうようなポイントも、
しばらくすると好ポイントに変わっていたりと、大まかなポイントは同じなのですが場所移動しないことには数が出ないという結構難しい今日の石積みでした。

イメージ 2
21センチを頭にヒネ揃い13匹でした。
ミニpinは針を飲んでしまったものをキープしましたが、
遠投~4色半程を主に探ったため数は10匹程度だったと思います。


イメージ 110時から釣行しましたが、西浜方面のニゴリはまだ残っていました。
石積みでも緑がかった潮は今日も続いていて、べた凪の割りには状況は良くありませんでした。
ポイントがまったく定まらず、食っても極小のピンギスで、ヒネのアタリはなかなか出ませんでしたが
しばらくして『シラス船』が沖合で漁をしているのを見ていると
潮の流れが不安定なのか網の流れが東西に変化している様子。
船に合わせ潮目を追いながら投入方向を変えると運良く良いポイントが見つかり連チャンしました。
しかし、長くは続かず22センチを頭に単発5匹で止まってしまいました。

イメージ 2今日も、『マゴチ』らしき大物に襲われました。
上から三匹目、約20センチのキスを丸呑みしたらしく、半色くらいまで付いていましたが、
波口ではき出してしまったようでした。

1~3色あたりでは、小指大のピンギスもけっこう食い始めました。




2015年09月22日 14:18


イメージ 2 
緑がかった潮…喰いそうに無いサビキ感
今日は、ルアーマンも多かったので、西ブロックから探ってみましたが
先にいた常連さんたちの多くも、2~3匹あげていれば良い方でした。
私は数投目でミニpinが一つ喰っただけ、、、
東ブロックのルアーマンも少なくなったので移動しましたが全く反応が無く
早じまいしました。

RFCメンバーのUPIN氏から『今日の釣果情報』を頂きました。
浜も石積みもかなり渋かったようで、西浜の潮は特にひどく
石積みから見ているとアオコのわいた湖のような色をしてました

以下はUPIN氏からのメールです

イメージ 1
厳しかったですね。

あれから、ますます南が強くなり濁りも広がってしまい、すぐ退散しました。

1822  UPIN

明日がんばりましょう



2015年09月21日 20:05

イメージ 1
大シケの後だったので期待感はあまりなかったのですが、
朝、波の様子を見に行くと『ベタ』だったのでとりあえず釣行してみました。

東第一ブロックからスタートすると砂浜よりに行くほど川ゴミが多い様だったので、西へ移動しながら数カ所探ってみました。
これが又予想以上の激渋!!!
遠投もアタリは無く、川ゴミがしつこくつきまとってくるのでした…

イメージ 2
ブロック西の端3色辺りでミニpinがやっと1匹…
それが又小さいこと、、、
小指くらいしかありませんでした。

更に第2ブロックへ移動しました。

☆ 上の写真を拡大するとわかりますが
沖合には釣り船が集結していました。
常連さんが数えると約60隻の釣り船がいたそうです。

イメージ 3
砂に埋もれていた第一ワンド周辺が昨日のシケで
又復活し始めていました。
砂の量はまだ多く、満潮時にテトラを超えた波で
潮だまりができました。

第2ブロックでは常連さんが数名釣っていました。
ちょっとした場所の違いで釣果にもかなり差が出ているようで、好釣だったKMさんの隣に入れて頂き、
釣行から1時間ほどしてやっと一匹目のヒネを釣ることが出来ました。
その後好ポイントだった周辺には休日とあってカニ取りや水遊びの子供連れファミリーが大勢増えてしまい、
危険防止のため再度第一ブロックへ戻りました。

風が南になってからは潮流もかなり速く押され気味になってしまい、
アタリも釣果もほとんど無くなってしまいました。

底の状態はいつもとかなり変わっていたので今後のためにと、
駆け上がりや潮境のポイント探しで再度ウロウロしましたが、
いいポイントは見つからずほぼ半日がかりでッ抜けできないまま終了しました。

イメージ 4

遊漁船と釣り人の言い争いから始まったらしい『茅ヶ崎港立ち入り禁止』の件の影響でなのか、少年・ちびっ子キャスターたちの姿がいつもより多いように思いましたが、中には岩の隙間に落ちて痛がっていた子が2人いました。『危険防止のため石積み立ち入り禁止』・・・なんて事になりませんように願います。


2015年09月17日 14:25

三浦の釣友と久しぶりに釣行。西浜海岸からスタートしましたが、
良くてミニピン、時々ヒイラギ、、、反応はかなり厳しい状況でした。
場所を西へ移動しながら様子を見ましたが、途中お会いした常連さんの話では遠投でも
『ヒイラギばかりで…』との事。
期待感は薄らぎながらも、石積みへ移動すると、数名の常連さん曰く
『いい感じで食っていたけどとまってしまった。』…タイミングが合いません。

イメージ 1

数日前より型は小さくなったようでしたが、二連〜三連と食っていたらしくポイントは6色と遠目。
ピンを意識して多点針にしようか迷っていましたが、遠投モードに切り替えました。

イメージ 2

時合を逃し石積みでは11時を過ぎてからになってしまいましたが、13時迄にやっと4匹。
厳しい釣行でした。
潮が大変速く、爆釣は、また先になってしまうようでした。



2015年09月15日 16:33

イメージ 1
見た目の海は良い感じなのですが、いざ釣り始めてみると潮がかなり速く、キスが喰ってくる感触ではありません。泥の濁りは気にならない程度でしたが、河川から流れてきた『コケ』のニゴリが混じり合っているようでした。海水は緑色っぽく、ナモトでは『池』か『釣り堀』のような『葉緑素チック』な臭いがしていました。石積みの西、第三ブロックは特にひどく、ナモトの石がものすごいコケに覆われていて、小さなフジツボの殻まで緑っぽくなっていました。

イメージ 2
潮流が速く潮はかなりあれている様子でした。遠投もほとんどだめで、沖でミニpinが喰っているようなのですが取り込みの時、潮の抵抗で外れてしまっているようでした。深く針掛かりしていたpinは10匹程度、4~5色と1色辺りにはミニミニイシモチがゴミといっしょに時々顔を出す程度でした



2015年09月13日 06:53

イメージ 1
仕事前時間が取れたので、急ぎ足で石積み数カ所の様子を見てきました。
釣行時には思ったほど濁りはなかったのですが、ミニモチが食い出すと針先にゴミがつき始め徐々に濁りも目立ち始めました。
明日以降悪化の恐れあり。

イメージ 2
ミニモチが出てからはあたりが消えました。20〜21センチ2匹でした。



2015年09月11日 13:48

憂鬱になってしまうほどの自然災害…。
豪雨に見舞われ被害に遭ってしまった地域の方はホントにお気の毒です。

湘南では今までもこれといって大きな災害はなくただただ平穏に感謝。
のほほんと釣りのことなどブログにしているのは申し訳ない気もしますが、控えめに今日の西浜~石積みの様子をご報告します。

イメージ 1
ウネリ気は残っていましたが、ニゴリはほとんどありません。豪雨の際、潮の流れは東から西へ流れていたため相模川の濁流も西湘方面へむかったためだと思います。

イメージ 2
写真では解りにくいかもしれませんが、相模川からの濁流が沖へ出ていて、水の色がくっきりと分かれています。この濁流は南南東の沖合までのび西湘方面までへ広がっていました。

イメージ 3
埋もれていた第2ワンドの砂が高さで1メートルほど流出していて、テトラの姿が又現れました。

イメージ 4
もうしばらくすると、以前のワンドが出現するのでしょう。

潮向が変わらず、ウネリ気が取れれば明日からでも釣りができそうでした。
しかし流出したゴミの量も半端ではないでしょうからいきなりの遠投は危険そうです。





ギャラリー
  • フグとピンギス[01/15]
  • フグとピンギス[01/15]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
アーカイブ
  • ライブドアブログ