2017年07月

2017年07月29日 10:54

イメージ 1

27日(木)の海は台風が発生しているとは思えないほど静かだったので、『シケ前の荒食いがあるかも…』と、西浜海岸へ行ってみました。これだけ『ベタ』だと、チョイ投げでいけそうだったので、2~4色を中心に4ブロック(防砂ネット出口から出口までを1ブロックとして)ほど探りましたが反応はまったくありませんでした。

イメージ 2

翌日28日(金)も見た目は凪でしたが波に少しウネリ気がではじめたため石積みで遠投してみました。
やはり5色から手前での反応はなく、アタリが出たのは6色~でした。
南西風が気になりだし干潮から潮が動き出してからは、オモリ着底後さびくとかなり早めに食ってきましたが、追い食い狙いが上手くいかないため単発で回収し、手返し回数でポイントを探りました。

こんな時に限って時間がなく、仕事準備のため終了しました。

イメージ 3

ベストサイズは23センチ。全体に丸々太った20センチ以上の良型中心でした。


2017年07月21日 10:35

派手な雷雨に見舞わてから石積みは『フグ』の猛攻がますますひどくなりました。ゴミも漂うようになり、気がつかないまま2色半でラインが切れてしまうトラブルも

イメージ 1

某所では30~40匹の好釣果をあげている場所もあるそうですが、石積みでは今『ワカシ』の群れが回遊し、朝、昼にかかわらずタイミングさえ合えば入れ食い状態のようです。
そんなこともあって、普段キスを釣っている人も『ワカシ』狙いで忙しいようで、西浜海岸や朝方のキス釣果情報が中々入手することができません。

イメージ 2

昨日昼からくそ暑さにめげず、1時間半ほど様子見に行ってきましたが反応は薄く沖合にナブラが見えた頃キスもポツリポツリ食ってきました。ワカシ狙いの人は入れ食い状態になり、大変そうでした。

イメージ 3
~21センチ。

ここ数日で海の様子が変わり、釣れる外道も『シタビラメ』『ソゲ』『ヒイラギ』『カニ』など多彩になりました。大磯では『ホウボウの子』、市場では『ソウダカツオ』の水揚げも目立ち初め、一時不漁だった『生しらす』の入荷も再開、といった感じになり、ニゴリとゴミが消えれば西浜海岸も良くなってきそうな気配です。


2017年07月17日 02:18

昼から少しだけ時間が取れたので、遠投体制で石積みへ行くと
波気はまだ残っていましたが、昨日より落ち着いた感じでした。

イメージ 1

相変わらずフグが多く、一投目 5色から1色辺りまで探ると針が全部無くなってしまい、
その後もフグの猛攻は続き、更に今日は幹糸を切られてしまうことが三度ありました。

イメージ 2
大きなハリセンボンの死骸を発見。こんなのが食ったら大変そうです

イメージ 3

頭は5色で21センチ、後の2匹は3~4色で食いました。



2017年07月16日 02:59

やっと落ち付き始めた『赤潮』。
今度は、パワフルな波で荒れてます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

取り込みができません…




2017年07月10日 19:38

今年の海はいったいどうなってしまったのでしょう…
もう一週間以上、赤潮はまったく消えません。それどころか益々悪化しています。こんな事は、数十年の私の記憶の中ではなかったように思います。

イメージ 1
今日は西浜を探るつもりでしたが…波口まで赤潮

それでも相模川の流れ込みが西から入ると澄んだ部分が広がって来て(といっても、普段ならかなりのニゴリなのでしょうけど)、どんなものか…と、竿を出してみたくなります。

イメージ 2
手前で赤潮が切れていますがここはフグの巣

まあ、普通の神経の方はあの異常な赤潮の状況を見ただけで竿は出さず帰ってしまうのでしょうが、赤潮が切れて潮が澄んだ場所は、依然好釣果で良い思いをしたことがあったポイントでした。

潮の色を見ていると、ラインが染まってしまいそうでちょっと気持ち悪い・・でも、投げてみました。
覚悟していた以上にフグの猛攻は避けられず。あっという間に、仕掛けも予備の針も底をつきそうになってしまいました。

イメージ 3

南の強風で、けっこう大変でしたが4色半~5色でキスが食ってきました。オマケにカンパチの子も。
赤潮がなかったとしても南の強風で終了。
まったく…フグが多すぎて仕掛け作りが追いつかん!


2017年07月09日 14:02

昼近くから時間が取れたので西浜海岸へ…と思って釣行しましたが
浜のポイントには日曜日とあって、水遊びや波乗りを楽しむ人がちらほらと。ちびっ子もいそうだったのであきらめました。
そこで石積み…。連日続いている赤潮が更に広がった感じで気乗りがしませんでしたが、5色くらい沖の潮色の境目を狙う試し釣りのつもりで竿を出してみました。

イメージ 1

相変わらずフグが多く、1投で2~3本の針が無くなりました。

潮色の良さそうなポイントを探しながらどうにか4匹。
海の状況が良くなる気配はありませんでした。

イメージ 2今日は19センチがベストサイズでした。


赤潮発生からほぼ一週間…。未だに良くならず、茅ヶ崎港の周辺やヘッドランド方面ではかなりひどい状況だったそうです。

イメージ 1

石積みでは相模川の影響だと思いますが、赤潮の影響がなさそうなポイントがあり岸から3~4色までのニゴリのない範囲を探る事が中心になります。
ただ、この潮は相模川方面からの真水の流れ込みとも考えられるためフグの猛攻は覚悟しなくてはいけません。
今日のフグの数は半端ではなく、釣りをしているよりも仕掛けを直している時間の方が長かったかも…
周囲の常連さんたちもウンザリしていました。

イメージ 2

数は出ませんでしたが、3~4色から0.5色を細かく探り20センチ越えと 24センチが出ました。



2017年07月08日 02:46

土曜日のシケ、日曜日からはウネリ気にニゴリが入ったように見えていましたが、普通のニゴリとは違い赤茶色っぽく、よく見ると赤潮が乗った潮を確認しました。
そんな状況と荒天で気も乗らず、仕事の都合もあり 今日はしばらくぶりの釣行になりました。

イメージ 1

赤潮は未だに収まらず今日は特にひどかったようです。
9時過ぎから釣りをしていた常連さんは、『潮が上げ始めてから赤潮が南西から来て、目の前まで真っ赤になり、あまりのすごさで気持ち悪くなって釣りをやめた。』と、いっていました。

運良く私が釣行した14時には、4~5色から手前には水にごりっぽい潮だけで、赤潮は気になりませんでした。

イメージ 3

赤潮の流れの手前4色以内に限定して様子を見ました。

一投目、3色でグングンと引き込むようなアタリ、初っぱなからダブルで食ってきました…。
ジンクスでは『一投目釣れると後が続かない』…のはずでしたが、今日は食い方も違いほぼ毎回食ってきました。

イメージ 2

ポイントは1色~3色半。ちょうど赤潮が切れる辺りから石積み根掛かりの限界まで。
15時までの1時間で8匹でした
波口のバラしと大きなアタリ数回が捕れていればツ抜けできたのですが…。

型は良型!
久しぶりにあがった25センチを頭に8匹中5匹が20センチ越え丸々太った良型でした。
連掛けで食ってくるようになれば数も伸びますが、型そろいで今日は十分満足です。



ギャラリー
  • フグとピンギス[01/15]
  • フグとピンギス[01/15]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 海の状態が悪くなってしまいました[01/13]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
  • 西浜海岸はまだ釣れていました[01/11]
アーカイブ
  • ライブドアブログ