茅ヶ崎釣果速報

2021年01月25日 23:59

ずっと違和感のあった冬の富士山がようやく雪景色になった。

昼過ぎ、道具は持たず昨日の雨で濁りがきつくなっていると思っていた西浜海岸の様子を見に行った。かなりキツい波気なのにニゴリは気にならないほどで透明感さえある。ただ、石積みの辺りは大きな濁りが入っていた。

IMG_20210125_162638

浜では、常連のKAN**さんが、フグに苦戦しながらキスを数匹釣り上げていた。観戦中にも良型のキスが食ってきた。こうなると悪状況の中でも竿を出したくなる。
波気も落ち着きそうだったので下げの夕まずめを狙い出直すことにした。



15:00
チョイ投げでスタートしたが、波は落ち着くどころか昼よりも悪くなっていた。
波口…とは言っても2色前後には相変わらずフグが多く、ピンだと思うが細かいアタリがあっても波にもまれて外れてしまうのか、エサだけはなくなっていた。

今日はチョイ投げが無理そうな時に備え遠投用の竿を持参していてよかった。
久しぶりの遠投狙いに仕掛けを変更。
6色でアタリが出た。
遠投で食ってくるキスのアタリはチョッと嬉しい。

IMG_20210125_170114_2

波気も強くなり始め、運良く食ったこの一匹[18.5㎝]で終了。
昼間KAN**さんが波口で釣り上げたキスもこのクラス。
群れではないだろうけど、このサイズはまだ少し遠近回遊しているようだ。


2021年01月22日 15:14

西浜海岸の釣果は低迷なのに、この時期になると人気のスポットでは今年もけっこう釣れているらしい。相模川河口の浜だ。今朝、134号線の湘南大橋を通った時には15人近くの釣り人が見えた。実際の釣果は確認していないが、ヒネもそこそこ混じっているそうだ。

IMG_20210122_115207

今日はしばらくぶりに石積みの遠投でスタートしてみた。
今時のポイントは2~3色のところあえて遠投。そんな簡単に反応があるとは思はないが、5色越えは潮が速く、かけ上がりらしきポイントも見当たらない・・・当然のようにアタリはまったくない。
念のため根掛かり覚悟で2色前後を探ると『フグ』の4連掛け、、、、こりゃ駄目だ。

IMG_20210122_123805

西浜海岸へ移動。波気があり周囲の常連さんの話では余り良い状況ではなかった。
やはり今日は駄目だ…。
最後の一投で終了するはずだったが、ピンギスがWで食ってきた。
どうにかの坊主逃れ。
もしかして…回遊してきたのか??

もう1投。

またWで食ってきた!!

もう1投。

なかなか終われない。単ピンの食いが続いた。

IMG_20210122_135232_1

時間切れで終了したが、あっという間に『ツ抜け』出来た。
…ヒネはいなかったけど。

ルンルン気分で帰宅するはずだったが、
自転車がない!!
鍵も掛けておいたのに!

気分は一気に最悪・・・・・!!!


2021年01月20日 14:37

最近の西浜海岸は、波気があってチョイ投げで波口を狙ってみてもニゴリが出ていて食ってきそうな感じがあまりしない。キスは1~2色の波口よりの深そうな所(ドン深)や、浅瀬になった潮裏を回遊しているようなのだが…。

IMG_20210120_112639

今日は、下げ三分から七分近くの食いそうな潮時を狙ってみたが、思うような釣果はなかった。
ニゴリの切れた辺りを探ってみると小刻みなピンギスのアタリは多少あるのだが、後が続かない。
波気の少なそうなポイント、ニゴリの境、潮通しの良さそうな澄んだ所…と、色々探ってみたが反応は余り良くなかった。

崖が崩れた柳島の石積みよりの浜には、根掛かりポイントがまた出現した。
先日干潮の時にむき出しになった根掛かりポイントの1つには、修復工事の土嚢が数カ所流されていて、2色辺りにもいくつか流出しているのかもしれない。波の力は凄いものだ。
石積みの大きな石さえ転がしてしまうのだからこの位の大きさなら訳もないだろう。

20210118_124158079

一投目秒殺のようにピンギスのアタリがあって、下げ三分あたりではポツリポツリ食っていた。
が、後半からはフグの群れにあたってしまったようで、移動を繰り返しても逃げ切れず、しばらく粘ってみたものの『ッ抜け』出来ず針丸坊主で終了。

IMG_20210120_131725

ヒネらしきアタリが一度だけあった。
中途半端に期待を持たされると明日も釣行か?

2021年01月15日 23:02

波気は良くなってきた様だけど、時々打ち寄せてくる波にはまだまだパワーがあって、ゴロゴロあった石ころが消えていたりやけに多くなっていたり、波打ち際の砂がふわふわになっていたりと、浜の様子は毎日変わっている。

20210115_114531029

寒くはなったけど、まだピンギスが食っている。
ピンに混じってヒネギスの回遊もある様なのだが、ポイント選びを誤るとフグの襲撃にあってしまう。たった数メートルしか違わないなのにその差は歴然だ。
キスの濃い場所とフグが群れている場所とが線を引いたように分かれてしまう。
フグが多かったら数メートル移動する。それでもフグがいたら更に移動。それで駄目なら、移動方向が逆だったのかも知れない。

距離は力糸から3色辺りとかなり近い。
波口にはヒラメもキスを狙っているようで、今日はオモリが見え始めた所まで寄せたが、針が伸びてバレてしまった。もし伸びなくてもハリスが切れたと思うけど…。

20210115_134510054~2

残念ながらヒネは入らず時間切れ終了。

2021年01月13日 15:26

前回の釣行で期待感が膨らみ、今日は昼前から西浜海岸へ釣行してみた。

20210113_122323187

残念ながら波気もあって状況は良くなさそうだった。
今日は観測塔のデータを見ずに釣行してしまったが、1/3波高が50センチを超えている日の西浜海岸はかなり厳しい状況になってしまうことが多い。
写真の波はそれほど高くないのだが、時々子供の背丈を超える程の大きな波が立ってきた。
昼前後の波浪データでは潮も速く少しばかりウネリ気もあり、打ち寄せてくる波に影響しているのだろう。

観測塔データ

先に釣っていた常連さんの話では『フグ』の猛攻撃でお手上げの様子だった 。
ゴルフ練習場前の浜でやっていた人の話でも『フグ』だらけだったそうで早上がりをしてきたようだ。
しかし、私が釣り始めたときには『キス』どころか『フグ』ですら食ってはこない…。
アタリはまったくないし、取り込んだときのエサはかなり冷たくなっていて、前回釣行時とはまったく違った状況になってしまったようだ。

20210113_131927783

ねばって、どうにか一匹…。






2021年01月11日 22:06

寒さが続いていた正月休みの間に、店で飼育中のキスをほぼ全滅させてしまった。
毎年飼育してきたキスは、ヒーターを使わなくても元気に年起ししていたのだが、
今年は寒すぎたのか、残ったキスは1匹だけ。
可哀想なことをしてしまった…。

で、元旦からのシケが落ち着いた6日(水)に今年1回目の釣行をした。

20210106_114917205

釣果は15センチを頭に15~16匹で、元気のよかったキスは店の水槽で再度飼育を開始した。
水槽で飼育するキスは、数が多い方が警戒心が緩むようで
翌日からは餌を食べ始め、今のところは至って元気だ。

20210107_182845238_2

翌日の7日からは風速20メートルを越える強風とシケが続き
今日になってようやく2度目の釣行ができた。

20210111_121337112

あらら…
時間は12時を回った頃。石積みから西浜海岸までの一部は満潮時になると
釣りどころか、行き来もできないような状況になってしまい、
新しく積んだ崖が崩れ始めていた。

とりあえずこの地点から東沖方向へ斜め投げを試みたが、波口でピンギスが二つ釣れてから
チョイ投げでは数回根掛かりしてしまい断念。
ダメとは思ったが石積みの西ブロックの様子を数カ所見ることにした。
潮の状態が悪く何処も釣れそうな気配は無かったので、西浜海岸まで再度移動した。

20210111_145355117

この頃になると潮も落ち着き始め、一投目3色から半色ほどさびいていると、フグのようでキスのようなあやふやで爽快な良いアタリ!
『初っぱなからフグか??…』と、慎重に取り込むと20センチ越えのヒネだった。

ポイントは近いのだが、波口には大きな石ころが多く、あまりゆっくり取り込むと根掛かりもしやすくなるので1.5色~3色のみを探ってみた。

20210111_165306950

20センチ越えのヒネも3つ混じり、2時間近くほぼ毎回食ってきた。
釣果数以上にピンの細かいアタリはあったが、根掛かり回避で速巻きしたため
潮にもまれたり石ころにあたったりで波口で外れているようだった。



2021年01月05日 23:59

20210101070217_IMG_2412

コロナ禍の中で迎えた2021年
今日になって、飲食店の営業を夜の8時までとする時短要請が出た。
うちの店にしても『しばらく営業はするな!』と、いわれているのと同じだ。
なんだか中途半端な対策の様な印象を受けているのは、仕入先の仲間も一緒だ。
ランチタイムにだってお酒は飲めるし話も弾むだろうに。



20210105_134448767

2021/01/05
常連KAN**さんが今日の昼前に西浜海岸であげた釣果
元旦のシケも収まって、回遊もあったようでした
ヒネは22センチ。

2020年12月18日 15:05

今週に入ってから、海の状況が余り良くない日が続いてしまった。
今日は少し良くなってきたようなので、わずかな期待感もあるのだけど…。
週末の釣りはどんな感じになるのだろう。

毎年、暮れから年明けに掛けて釣果が上がる相模川河口の様子もふくめ、
今週の海の状況は、こんな感じで過ぎている。

12月13日(日)
20201213_105720784

20201213_105707747

ルアーマンでかなり賑わっていた。
空いたところで一時間ほど竿を出したが、貧果で終了


12月14日(月)
20201214_121502183

20201214_121423972

ウネリが入り始め、サザンビーチの様子を見に行ってみたが、
遠近反応はまったくなく、フグに針が一本とられただけだった。


12月15日(火)
20201215_122145647

西浜海岸ではカマスのサビキをつけて誘っていると、良型のイシモチがアタックしてくる。
ほとんどがスレのようなのだがほぼ入れ食いの人もいた。
コノシロやカマスまで追ってくる。
何故なのかここ数年、イシモチは生エサを追わずサビキやルアーに反応してくる。

おかげで、キスもおびえているようだったので場所を移動すると
今度はフグの猛攻で断念。15センチクラスまでのピンギスが7~8匹だけで戦意喪失。

12月17日(木)
20201217_122123495

20201217_121912101

20201217_123751677

こんな日の釣りはきつい。風も強いし…すぐに帰宅。


12月18日(金)
20201218_123148371

西浜海岸の様子は確認できなかったが、
最近の平塚側相模川河口は釣り人が少なくなったように思う。
ハゼはもう、まったく釣れていないのかな…

年のせいか 寒い日が続くとどうしても
釣りから足が遠のいて行ってしまう。




2020年12月11日 23:59

コロナ騒ぎで商売あがったり…とはいっても、細かい用事があったりしてブログを更新する時間が取れず、久し振りの書き込みになってしまった・・・。

ここ一週間、時間が取れた日の昼前には1時間ほどの短時間であっても竿を担ぎ
ピンスポットで食っている『ヒネギス』の回遊ルートを探るべく、
過去のデータをもとに石積み~西浜海岸の主要ポイントを遠近探りながら
ヒネギスを追ってみた。

20201204_111450181

先週あたりから柳島ポイントでは数メートル四方くらいの超ピンポイントでヒネギスが食っていて、少し離れてしまうとピンギスばかりになってしまう。
中には数十匹のヒネを釣り上げている人もいたと聞くけど、他ではほとんど食ってこないヒネギス。

いったいどのような回遊ルートで集まって来るのだろう…??
日々短時間ずつではあったが自分の実釣と、数人の常連さんの情報なども参考にしながら潮の流れや各ポイントの釣果内容等を推測したが、残念ながら一週間かけて探った結果、判断できるだけの回遊ルートの答えはそう簡単には得られなかった。

何故ピンポイントに集まっているのかという点では、シロギスは体内カレンダーでも見ているのかと思うほど毎年ほぼ同じパターンで回遊・接岸してくる。
そんな時期的なキスの行動要因が1番大きいとは思うが、現在は5色辺りでかなり速く東へ流れている潮の影響を避け、緩やかな潮の沿岸に接近し深みのあるピンポイントに集まって来るのではないかと考えている。
海水温度の変化にもよるが、例年に比べ半月~約1ヶ月ほど例年パターンが遅いようにも思える。

西浜海岸では茅ヶ崎港沖の平島にどの方向から白波が立っているか、釣り船がどの方向を向いているか、生シラス漁の船の網がどの方向へ流れているか等を観察すれば沖合いの潮の流向はある程度把握できる。
しかし、相模川や石積みの影響を受け、岸寄りの潮が沖の潮とは逆行していることも多い。弛んだラインの流され方やサビキ感などで流向を知ることができるので、潮向を観察しながら潮の陰になる岸近くの深場が見つかれば好ポイントになることも多いはずだ。

20201209_125017724

20201210_115934625

20201204_132706517

数日探ってみた釣果では、やはりピンが多く満足のいくサイズのヒネは食ってこなかった。

好ポイントでのヒネギスは『青イソメ』に反応が良い。
しかしピンギスが多い場所での『青イソメ』はフグが先に食ってしまうので、
ヒネはなかなか食ってこないような気がした。…そんな気が確かにした…



以前から実績のある柳島石積みに近いヒネギスのポイントでは、
今期は特に好釣で、地元のシニアの常連さん方にも人気のスポットだ。
そんな、情報をかぎ付けてか最近、『悲しい人』が数日続けて釣行して来た。

3~4人でいっぱいの狭い好ポイントの端っこに三脚の竿立てをセットし使いもしない竿を置いておく。そして自分は少し離れた場所にクーラーボックスを置きヒネのポイントを探る。
地元のシニア常連さんが空いた場所に入ろうとすると『仕掛けが絡むから横でやるな』と言われたそうで、ヒネポイントの20メートルほどの浜を1人で占拠してしまうのだ。
私が離れた場所に釣行していた間には、三脚の竿に触れている気配はまったくなく、自分の釣り座確保の為の身勝手なわがままに過ぎないようだった。
追い払われた常連さんは、穏和な方なので
『いろんなヤツがいるよ…そのうち誰かと問題起こすんだろう。』と、至って冷静に隣でミニモチとアゴナシを釣っていた。
更に、別の釣友は前日に釣果を見せてもらい『潮を見て釣らなきゃ釣れねーよ』と偉そうに言われたそうだ。

地元では特に、釣りはみんなで譲り合って楽しくやりたいと思っていたので
オヤジさんの話を聞いたときには憤慨したのだが
後になって少しイラっとしている中で思った事があった。

人に嫌われ憎まれて、ぼろくそに言われようとも こんな釣りがしたいのか…

この人物が、なさけなく、みじめで、可哀想で、哀れな人に見えてきた。 
あえて、『釣り人』とは呼びたくも無い。



2020年12月04日 23:59

20201204_111450181

昼前に海岸に行くと、地元の常連さんたちが数名、
皆さんのバケツに良型キスが泳いでいた。
サイズは20~22センチ。
良い型ばかりだった。

残念なことに時合いは少し前だったらしかったが、
ピンギスに混じって、ポツリポツリと良型のヒネギスがまだまだ食っていた。
数日前よりもヒネが増えて来た感じだ。
しかし数メートル離れた常連さんは「ヒネのアタリがまったくない」と言っていた通り、
ヒネポイントはかなり狭い。

空いた場所で竿を出しては見たが、やはり20センチを超えるヒネがまったく釣れない…。
何十メートルも離れている訳ではないのだが…よくあるパターンだ。

20201204_132649610

ピンギスと言っても型はここ数日で、丸干しサイズから天ぷら・刺身サイズになってきた。
全体的にサイズアップしてきてはいるが、ピンギスの数はかなり多く、
この中からヒネギスを拾い出すのはけっこう大変だ。
あとで聞いた話では、ヒネはほとんど青イソメに食ってきたそうだ。

下げ潮だったので、長仕掛けの多点針も有効で3~4匹の連掛けもかなりある。
ジャリメを使ってこのパターンの時にはヒネがなかなか食ってこない…。
でも、連掛けした時の釣り人は、みんな嬉しそうな笑みがこぼれる。
20201203_105824165



さて、せっかく釣ったキスの処理もたいせつな釣り人の仕事。
家の冷凍室で凍ったまま…なんて事もよくある話だけど、
ピンギスなんて…と馬鹿にせず、美味しいので是非味わって頂きたい。
ただ、家での釣り魚の処理はウロコが飛んだとか流しが臭くなるとか・・奥様に嫌われている方も結構多いようだし、なれていないとかなり面倒くさくなってしまう。
店ではこんな感じで処理しているので、ご参考までにどうぞ。



ピンギスは11~12センチを越えると、急に骨が硬くなり、
丸干しや唐揚げにすると骨が気になって食べにくくなるので、
まず、12センチを境にしてサイズ分けしながら処理をすすめる。
店ではプラスチック製の定規をまな板の上に置き
サイズ分けしながらウロコと頭を落としていく。

小さなピンギスは丸のまま丸干しや唐揚げ用に、
12センチ~のピンは唐揚げ、天ぷら用に
15~16センチより大きなキスは天ぷら・フライ用に。
が、大まかな目安。

20201203_213606910

20201203_213901062_2
少し固めに干したピンギスの丸干しは絶品だ。
毎年、この丸干しを楽しみにしているお客さんも少なくない。
この状態で塩をパラリと振りバーナーで炙り、氷水で冷却して水気を拭き取り好みの厚さに筒切りすれば『酒肴~炙りピンギスの背越し造り』ができる。骨はさほど気にならずお酒も進む。生姜醤油が美味い。
※丸干しの作り方はRFCメインページにのせてあります

20201203_213530907
12~15センチのピンは、アジの開きのように開いておく。
このまま唐揚げにするのが1番のおすすめだが、更に骨を取って天ぷらにすれば
一口サイズの美味しい天ぷらができる。

20201203_213515539
面倒のなさそうなレギュラーサイズのキスは、骨を付けたままの形で開いておく。
店では、刺身、天ぷら、ソテーなどの料理に骨の煎餅をお付けしていて、別々に保存するのが面倒なのではずさずに処理し用途によって骨を落としている。
20センチ越えのヒネギスを天ぷらにする場合は、三枚におろして片身ずつ揚げれば食べやすい。
骨はせんべい揚げで美味しい。

※店では釣れたてはすぐに調理せず丸の場合は氷の効いた塩冷水で、開いた場合は冷蔵庫で1~2日ほど寝かせたものを調理している。旨味が増しとても美味くなる。

以上が通常の処理なのだが、冷凍保存する際は、お酒を入れた水で洗ってから冷凍すると良いかと思う。
又、サイズに関係なく三枚におろして冷凍保存しておけば
刺身やしゃぶしゃぶにも使える。
解凍して熱湯に通し、氷水で絞めたあと細引けば
しゃぶしゃぶの進化判『湯引きキスの糸造り』ができあがる。
ピンギスでも可能だ。

もし気が向いたらいかがでしょうか…ご参考迄に。

ギャラリー
  • 午後からの様子[01/25]
  • 午後からの様子[01/25]
  • 遠投での様子[01/22]
  • 遠投での様子[01/22]
  • 遠投での様子[01/22]
  • 拾い歩いてやっと…[01/20]
  • 拾い歩いてやっと…[01/20]
  • 拾い歩いてやっと…[01/20]
  • フグとピンギス[01/15]
アーカイブ
  • ライブドアブログ